生命保険に入らない選択

将来、何が起こるかわからない不安感は誰しもあります。

  • 生命保険に入っていないと不安でたまらなくなる
  • いったん生命保険に入ると止められなくなる

こういう不安感は、あなただけでなく誰もが体験することです。


でも、勇気を持って考えてみましょう。


生命保険に入らない、という選択肢はありませんか?

生命保険の保険料はどれくらい?

ここで、実際に生命保険の実例を見ながら考えていきましょう。

男性が30歳、40歳、50歳、60歳の各年齢から生命保険に入ることを考えましょう。

全て、保険期間は10年、保険金は1,500万円として見積もりをしてみます。

保険料の比較
年齢月額保険料保険金払込総額
30歳男性2,850円342,000円
40歳男性4,470円536,400円
50歳男性8,730円1,047,600円
60歳男性18,585円2,230,200円

年齢が高くなればなるほど保険料は高くなる。もし、この保険料を払わないで済めば・・

この「保険金払込総額」だけ支払えば、10年内に死亡した場合に1,500万円をもらうことができるのです(なお、女性の場合には、保険料は上記の6割くらいになりますので、かなり安く保険に入ることができます)。


この表を見て、何を感じるでしょうか?

生命保険に入らないで保険料を節約する

もし、あなたが亡くなっても保険金が必要ないとしたら、保険料は払うだけ無駄です。

ですので、無駄な生命保険には入らず、その保険料を節約すべきです。


たとえば、子どもがいない共働き夫婦の場合、一人が亡くなっても、金銭的には困らないはずです。

このような場合でも、一人が亡くなると、なんとなく不安だから、、といって安易に保険に加入する人がいたりします。


また、独身だけれど、なんとなく不安だから、といって保険に加入する人もいます。


このように「なんとなく」という理由で生命保険に入るのは単なる無駄遣いの可能性が高いので、もう一度生命保険に入る理由を考えましょう。


もし、あなたが30歳の男性ならば10年間で342,000円を支払わないでもよくなる、40歳ならば10年間で536,400円を支払わないでもよくなるんですよ。

真剣に考える価値があると思いませんか?