住宅ローンは帳消しになる可能性大

住宅ローンをいっぱい抱えていても、生命保険に焦って入る必要はありません


自分が死んでしまったら、住宅ローンが支払えず、せっかくのマイホームから出ていかなければいけないのではないか?と不安になってしまうかもしれません。

でも、通常の場合には、住宅ローンを組むと同時に銀行を受取人とした一種の生命保険に加入しています。

いわゆる、団体信用生命保険、と呼ばれているものです。

銀行が住宅ローンを回収するための団体信用生命保険

住宅ローンを組む際の団体信用生命保険に加入する目的は、ずばり、銀行が住宅ローンを回収し損ねないようにするため、です。


一家の大黒柱がいなくなってしまうと、当然、銀行も住宅ローンの回収が難しくなります。

そこで、銀行は、住宅ローンの借入れる人に、生命保険をかけます。

そして、借入人が不幸にして亡くなった場合には、銀行が生命保険を受け取る、という仕組みになっています。

この、銀行が銀行のためにかける保険が、団体信用生命保険なのです。

住宅ローンは自動で全額返済されます

この団体生命信用保険に加入しているおかげで、住宅ローンをかかえたまま一家の大黒柱が亡くなってしまっても安心です。

住宅ローンの残金は、全て、自動的に返済されます。

ですから、マイホームにも住み続けることができるようになります。


これを逆にいうと、あなたが、自分で生命保険に入って、自力で住宅ローン返済用のお金を準備する必要はない、ということになります。


住宅ローンを組んでいる場合に、生命保険の加入を考える場合には住宅ローンはないものと考えて、生命保険の必要額を計算してください。